アタカマ砂漠〜サン・ペドロ・デ・アカタマ

チリ、サン・ペドロ・デ・アタカマの街

村の食堂が集まるエリア。サッカー場もある。サン・ペドロ・デ・アカタマは天気が良く、観光客は多いが落ち着いて滞在できる村であった。

食堂のチリ料理

チリ料理

地元の食堂が安く美味かったので毎日通っていた。店の前の黒板に「Menu」が書いてある。意味がわからんので適当に頼んでどんなもんが来るのか?チキンとポテトのおかず、米、サラダ、パンの定食。1300ペソ〜1500ペソ(約300〜400円)。全体的に、味は薄い。

今後のチリ旅行計画

サン・ペドロ・デ・アカタマからどの方向に進むか迷っていた。アルゼンチン北部に出るか、このままチリを南下するか?最初に漠然と考えた、「細長いチリを南北に横断する」予定で進める方向にする。チリの大手バス会社Turバスでラ・セレナ行きチケットを購入。サン・ペドロ・デ・アカタマは観光の町やし、交通の便は良い。アルゼンチンに行くバスも週に何本か発着している。

チリ、サン・ペドロ・デ・アタカマの街

街の通りに石造りの東屋が並んでおり、そこが涼しく気に入りよくビールを飲んでいたのだが、アカタマ高地ツアーで一緒であった、ハワイのおばちゃんに会った。どのくらいの予定で旅行している、など話し、「11月に帰国します、11月は私にとってとても大切な日なの!!」「・・・あー!大統領選挙ですか!オバマ応援してましたね?」「そう!!」彼女は熱心なオバマ信者であったことを思い出した。

「スペイン語は話せますか?」「とんでもないです!日本語のスペイン語会話集を持ってきました」おばちゃんもスペイン語が分からんので、メモに書いて大変だという。彼女はサンチアゴの友人を訪ねて一人で来て、サン・ペドロ・デ・アカタマからサンチアゴへ飛行機で飛び、選挙に備えて帰国するのだという。

「私はバスは無理だから飛行機移動です。あなたは一人で全部やって、偉いねえ」と、褒められたが、いくら友人に旅行や切符を手配してもらったといえ、親ぐらいの団塊世代の、この元気なハワイのおばちゃんの方が、偉いに決まっている。年配の人がチリに一人で来たのがかなりすげー、と感心した。

サン・ペドロ・デ・アカタマ村 プロの旅人?乞食か?

チリ、サン・ペドロ・デ・アタカマの街

村の端に行くと、ここが砂漠の中であることがよくわかる。

チリ、サン・ペドロ・デ・アタカマの街

村中心部は観光客むけのホテル、店、レストラン、旅行会社で賑わうが、はずれに行けば住宅地で静か。

チリ、サン・ペドロ・デ・アタカマの街

小便ができる場所を探していると・・・上水道を発見。砂漠地帯で水は貴重品だ。この用水路で、ホームレスに見える人が裸で洗濯をしていた。寝袋とリュックを持っている。衣類もボロ布では無い、薄汚れたTシャツに長ズボンだ。サン・ペドロ・デ・アカタマは観光地だが、小さい村だ。乞食で稼げないだろう。乞食するんやったら、中規模以上の都市になるだろう。

彼は、旅人なのか?そうならば”プロの旅人”やな・・・

水路で洗濯は・・・見習わなければいけない。。。あ、自分も川で洗濯したことあった(笑)

チリ料理

バスまで時間があるので食堂に行った。他の人が食っているメニューにした。ビーフと野菜のスープにパスタ、米が入っている。ポテトサラダ、野菜、パン付き。

チリ旅行記サンティアゴ到着

Copyright (C) 2008 チリ一人旅. All Rights Reserved.